デジタルDCウェーブ

その他のDCトピックス ーDC最新トピックス一覧ー

最終更新日:

 

特集従業員のニーズに合わせた継続投資教育に取り組むDC担当者の思いとは

※この記事は「DCウェーブメルマガ」にご登録いただくと、メールマガジンからご覧になれます。
確定拠出年金教育協会は先日、DC加入者一人ひとりのニーズに合わせた継続投資教育を実施する事業会社の取り組みを見学させていただきました。社名非公開で紹介する許可をいただき、DC担当者へのインタビューを交えながら対話相談式セミナーの模様をお届けします。[別画面が開きます] 継続教育

連載DC制度運営を支える担当者たち/第5回・カゴメ

※この記事は「DCウェーブメルマガ」にご登録いただくと、メールマガジンからご覧になれます。
DCを取り巻く環境が変わるなか、継続教育セミナーの企画・運営、法改正に伴う運用商品の除外など、現場の最前線でさまざまな施策を推し進めるカゴメの岩永健吾氏。DC業務において心がけていることは何でしょうか?[別画面が開きます] 人物

特集DC担当者が取り組む「継続教育」の現状とその成果

※この記事は「DCウェーブメルマガ」にご登録いただくと、メールマガジンからご覧になれます。
弊協会が毎年実施している、日本最大規模の「企業型DC担当者の意識調査」。2018年版の調査結果の中から、DC担当者の方が特に気になっている「継続教育の現状とその成果」に焦点を当ててレポートします。[別画面が開きます] 継続教育

特集調査結果から見えてきたDC担当者が抱える「悩みと課題」

確定拠出年金教育協会で毎年実施している「企業型確定拠出年金(DC)担当者の意識調査」。DC実施事業主の担当者の方が実際、どのような悩みや課題を抱えているのか。2018年版の調査結果からレポートします。[別画面が開きます] DC運営

特集企業年金連合会が提供する継続投資教育サービスの活用法

継続投資教育を検討する時間も取れないし、多くの予算を割り当てることもできない……。そんな悩みを抱えるDC担当者の方にお勧めできる、企業年金連合会の「継続投資教育」について、サービスの概要や活用事例をご紹介します。[別画面が開きます] 継続教育

連載<DC制度運営を支える担当者たち>第4回・アルプスアルパイン

加入者の「無関心・無理解→無行動」という連鎖を断ち切るために、DCの投資教育において新しい施策を打ち出す「アルプスアルパイン」。実際にどのような取り組みを行っているのか、人事部グループマネージャーの小宮千春氏に伺いました。[別画面が開きます] 人物

連載<DC制度運営を支える担当者たち>第3回・前田建設工業

社員と同じ目線に立ったDCの投資教育を進める前田建設工業。具体的にどのような取り組みを行っているのか。DC業務に当たって心がけていることは何か。DCを担当する青山佑紀氏にお話を伺いました。[別画面が開きます] 人物

特集継続教育に悩むDC担当者へ!工夫次第で有効活用できる教材コンテンツ

継続教育はやらなければいけないが、DCの予算はない……。そんな悩みを抱えるDC担当者の方に向けて、追加費用がかからず工夫次第で有効活用できる教材コンテンツをご紹介します。[別画面が開きます] 継続教育

連載<DC制度運営を支える担当者たち>第2回・富士ソフト

2016年10月にDC制度を導入した富士ソフト。その導入にあたって中心的役割を果たしてきた坂本慎治氏。同社経営陣も高い関心を寄せているDCの加入促進策や継続教育をどう実施してきたのか、お話を伺いました。[別画面が開きます] 人物

レポート<パネルディスカッション>加入者自身による商品選択への支援

指定運用方法に早くも取り組んだイオンとグンゼ。DC 加入者のためにどのような視点で運用商品の候補を絞り、労使合意までもっていったのか。2社の実務担当者に発表、ディスカッションしてもらいました。[別画面が開きます] 運用商品

連載<DC制度運営を支える担当者たち>第1回・日本出版販売

DC制度導入時から社員目線で熱心に取り組み続けてきた日本出版販売の鈴木一成氏。DCをはじめ福利厚生に力を入れ、ユニークな継続教育を実施してきた鈴木氏に、DCの継続教育について伺いました。[別画面が開きます] 人物

レポート<曙ブレーキ工業>継続教育の講師は社外に頼らず、全て従業員で対応

常に「従業員自らが気付き、考え、行動するきっかけを作る」という方針のもと、さまざまなDCに関する施策を実行に移している曙ブレーキ工業。どのような継続教育を行っているのでしょうか。[別画面が開きます] 継続教育

レポート<サントリーホールディングス>DC活用の最大化は「社員への投資」

継続投資教育をなぜ実施するのか。原点に立ち返り、抜本的な取り組みを推し進めたサントリーホールディングス。実際にどのような見直しと取り組みを行い、いかなる成果をもたらしたのでしょうか。[別画面が開きます] 継続教育

レポート<ニチレイ>2つの課題を克服するために実施してきた意欲的な継続教育

DCの継続教育において「2つの課題」に気づき、その課題を克服するために意欲的に取り組み、成果を挙げてきたニチレイ。実際にどのような継続教育を実施してきたのでしょうか。[別画面が開きます] 継続教育

レポート<厚生労働省>法改正を踏まえた企業年金制度の運営について

公的年金やDCをめぐりさまざまな動きが起きています。事業主はどのようなDC運営を考える必要があるのか? 厚生労働省 年金局 企業年金・個人年金課長の吉田一生氏がDC法の改正点とともに解説します。[別画面が開きます] DC制度

特集改正DC法の全面施行を受け、事業会社がいま直面する課題【前編】

改正DC法の目玉といえるのが、商品数の上限(35本)設定と、運営管理機関の定期的評価の努力義務化。DC担当者は商品の除外や入れ替え、運管のモニタリングについて、どう考えているのでしょうか?[別画面が開きます] DC運営

特集改正DC法の全面施行を受け、事業会社がいま直面する課題【後編】

事業会社のDC担当者が抱える大きな課題として挙げられるのが、「社内におけるナレッジ(知識・情報)の継承」と「従業員への継続教育」。将来あるべき姿を模索し続ける担当者の声を紹介します。[別画面が開きます] DC運営

その他のDCトピックス ーピックアップ記事ー

最終更新日:

 

確定拠出年金(DC)における自動移換への今後の取り組み

2018年5月から、企業型DCの加入資格喪失者は本人からの申し出がなくとも、転退職後のDCに移換できる取り扱いがスタートしています。企業型年金担当者はどのような対応をとればよいのか解説します。
※本記事は『DCウェーブ』(Vol.18/2018年9月25日発行)に掲載されたものです。[別画面が開きます] DC運営

運営管理機関の評価における事業主の役割と第三者評価の有用性

DC法改正で導入された企業型DCの事業主による定期的な運営管理機関の評価。これを受けて事業主はどのようなアクションを行うべきなのか。退職給付のプロである、IICパートナーズの向井洋平氏が提言します。
※本記事は『DCウェーブ』(Vol.18/2018年9月25日発行)に掲載されたものです。[別画面が開きます] DC運営

DC制度運営実務に際したQ&A

「運用商品上限数」や「指定運用方法」など、改正DC法施行後の運用商品の実務的な取り扱いについて、DC実施事業主の担当者が知っておきたいポイントをQ&A形式で解説します。
※本記事は『DCウェーブ』(Vol.17/2017年9月発行)に掲載されたものです。[別画面が開きます] DC運営

ねんきん定期便&ねんきんネットで将来の公的年金額をチェックしよう

zDC加入者への投資教育に役立つツールとしても注目されている「ねんきん定期便」と「ねんきんネット」。その見方や活用方法について、特定社会保険労務士の綱川揚佐氏がやさしく解説します。
※本記事は『DCウェーブ』(Vol.18/2018年9月25日発行)に掲載されたものです。[別画面が開きます] 継続教育

専門委員会報告書から読み解く「DC制度運営に際した着眼点」

2017年2月、厚生労働省の年金部会に「確定拠出年金の運用に関する専門委員会」が設けられ、各団体へのヒアリングや有識者による議論が行われました。その内容を2017年6月にまとめた報告書について、DC担当者が見るべき点を解説します。
※本記事は『DCウェーブ』(Vol.17/2017年9月発行)に掲載されたものです。[別画面が開きます] DC運営

商品選定・評価……確定拠出年金におけるガバナンスを考える

DC法改正における資産運用の改善事項も踏まえた上で、企業型DCはこれからどの方向に向かうべきなのか。年金コンサルティングの専門家である黒田英樹氏が解説します。
※本記事は『DCウェーブ』(Vol.17/2017年9月発行)に掲載されたものです。[別画面が開きます] DC運営

運営管理機関の定期的な評価の実施に当たっての検討ポイント

DC法改正により事業主は少なくとも5年ごとに運営管理機関に関する評価および検討を行い、必要な措置を行うことが努力義務とされました。これらの実施に当たっての検討ポイントを整理しました。
※本記事は『DCウェーブ』(Vol.18/2018年9月25日発行)に掲載されたものです。[別画面が開きます] DC運営

改正法を読み解き事業主の責任に向き合う 「加入者への忠実義務」再考

日本のDC制度普及に尽力してきた年金コンサルタントの浦田春河氏と、労働法・会社法が専門の弁護士である市川佐知子氏に、事業会社のフィデューシャリー・デューティーについて語り合ってもらいました。
※本記事は『DCウェーブ』(Vol.17/2017年9月発行)に掲載されたものです。[別画面が開きます] DC運営

制度改正を踏まえた上で担当者が知っておきたいDCの最新動向

改正DC法の全面施行を機に、事業主の担当者はどんなアクションを起こすべきなのか。資産運用コンサルティングの専門家の見解をもとに、DCの運用商品や制度運営の在り方について考えてみました。
※本記事は『DCウェーブ』(Vol.18/2018年9月25日発行)に掲載されたものです。[別画面が開きます] DC運営運用商品

<DC法改正>2018年5月から「業務報告書」の項目が増えました!

DC運営の実態報告として管轄の厚生局に年1回提出する「業務報告書」。今回の法改正でこの書類に新たに2つの項目が加わりました。その意図とは? 書類記入の際のポイントも解説します。
※本記事は『DCウェーブ』(Vol.18/2018年9月25日発行)に掲載されたものです。[別画面が開きます] DC運営

DCガバナンス向上への道 ~企業型DC担当者の意識調査2018~

DC制度にも「ガバナンス」が必要と言われてきています。運営管理機関から届く報告書を経営や組合と共有していますか? 他の会社ではどうしているのか、今年の担当者意識調査の結果をもとに現状をご報告します。
※本記事は『DCウェーブ』(Vol.18/2018年9月25日発行)に掲載されたものです。[別画面が開きます] DC運営

※この記事はPDFでご覧になれます。

NPO401k教育協会 特定非営利活動法人 確定拠出年金協会 個人型確定拠出年金のお助けサイト iDeCoナビ たあんと“ちゃんと投資家”を目指すメディア