デジタルDCウェーブ

その他のDCトピックス

最終更新日:

 

レポート<曙ブレーキ工業>継続教育の講師は社外に頼らず、全て従業員で対応

※この記事は「DCウェーブメルマガ」にご登録いただくと、メールマガジンからご覧になれます。
常に「従業員自らが気付き、考え、行動するきっかけを作る」という方針のもと、さまざまなDCに関する施策を実行に移している曙ブレーキ工業。どのような継続教育を行っているのでしょうか。[別画面が開きます] 継続教育

レポート<サントリーホールディングス>DC活用の最大化は「社員への投資」

※この記事は「DCウェーブメルマガ」にご登録いただくと、メールマガジンからご覧になれます。
継続投資教育をなぜ実施するのか。原点に立ち返り、抜本的な取り組みを推し進めたサントリーホールディングス。実際にどのような見直しと取り組みを行い、いかなる成果をもたらしたのでしょうか。[別画面が開きます] 継続教育

レポート<ニチレイ>2つの課題を克服するために実施してきた意欲的な継続教育

※この記事は「DCウェーブメルマガ」にご登録いただくと、メールマガジンからご覧になれます。
DCの継続教育において「2つの課題」に気づき、その課題を克服するために意欲的に取り組み、成果を挙げてきたニチレイ。実際にどのような継続教育を実施してきたのでしょうか。[別画面が開きます] 継続教育

レポート法改正を踏まえた企業年金制度の運営について

※この記事は「DCウェーブメルマガ」にご登録いただくと、メールマガジンからご覧になれます。
公的年金やDCをめぐりさまざまな動きが起きています。事業主はどのようなDC運営を考える必要があるのか? 厚生労働省 年金局 企業年金・個人年金課長の吉田一生氏がDC法の改正点とともに解説します。[別画面が開きます] DC制度

特集改正DC法の全面施行を受け、事業会社がいま直面する課題【前編】

改正DC法の目玉といえるのが、商品数の上限(35本)設定と、運営管理機関の定期的評価の努力義務化。DC担当者は商品の除外や入れ替え、運管のモニタリングについて、どう考えているのでしょうか?[別画面が開きます] DC運営

特集改正DC法の全面施行を受け、事業会社がいま直面する課題【後編】

事業会社のDC担当者が抱える大きな課題として挙げられるのが、「社内におけるナレッジ(知識・情報)の継承」と「従業員への継続教育」。将来あるべき姿を模索し続ける担当者の声を紹介します。[別画面が開きます] DC運営

<DC法改正>2018年5月から「業務報告書」の項目が増えました!

※この記事は「DCウェーブメルマガ」にご登録いただくと、メールマガジンからご覧になれます。
DC運営の実態報告として管轄の厚生局に年1回提出する「業務報告書」。今回の法改正でこの書類に新たに2つの項目が加わりました。その意図とは? 書類記入の際のポイントも解説します。
※本記事は『DCウェーブ』(Vol.18/2018年9月25日発行)に掲載されたものです。[別画面が開きます] DC運営

DCガバナンス向上への道 ~企業型DC担当者の意識調査2018~

DC制度にも「ガバナンス」が必要と言われてきています。運営管理機関から届く報告書を経営や組合と共有していますか? 他の会社ではどうしているのか、今年の担当者意識調査の結果をもとに現状をご報告します。
※本記事は『DCウェーブ』(Vol.18/2018年9月25日発行)に掲載されたものです。[別画面が開きます] DC運営

※この記事はPDFでご覧になれます。

NPO401k教育協会 特定非営利活動法人 確定拠出年金協会 個人型確定拠出年金のお助けサイト iDeCoナビ たあんと“ちゃんと投資家”を目指すメディア